検索ロボット(クローラー)が重視している情報とは
検索ロボットが、ホームページを巡回する際、そのホームページがどのようなコンテンツを提供しているのか判断する際に、重要視するタグがあります。
その重要視するタグは、<header>、<title>、<h>、<strong>、<a>などのタグの中身に記載されたキーワードや、文章とされています。
検索ロボットに、ホームページの内容を適切に理解してもらう
これらのタグを効果的に使うことはもちろん、CSS./スタイルシートでホームページを制作することで、 レイアウト目的で利用されている不要な情報(<table>タグ)や、その他のレイアウト要素のタグを、極力減らし、タグを効果的に配置することで、短時間に、無駄なく適切なサイト情報で、検索結果へ反映することができます。
具体的には
<table>タグに替わり、<div>タグ(ブロックレベル要素)を使用してページレイアウトを構築し、 「文書構造のみのHTMLファイル」と、「レイアウトやデザイン要素のCSS/スタイルシート」にホームページ構造を分離構築します。データが文書構造のみのHTMLファイルになれば、検索ロボットに対し理解しやすいホームページにすることができます。さらに、重要タグを、ホームページのより上部に配置することで、より伝えたいキーワードを適切に、検索結果へ反映することが可能です。 結果、検索結果の上位へ表示することも可能になります。

不要な情報が多くあっても、クローラーは読み込んでくれますが、情報の関連性・重要度などが曖昧になり、本来、サイト制作者が意図していた内容と異なった検索結果をクローラーがしてしまう可能性があります。


その他、CSS/スタイルシートに関するご質問や、サービスに関するお問い合わせは、ホームページ制作本舗までお気軽にお問い合わせください。