ホームページ制作において、多くのホームページ制作者が<table>/テーブル・タグ構造を、レイアウト目的で多用してきました。 現在でもまだ多くのホームページが、このテーブル構造によってレイアウトされています。

しかし、ブログ・サイトの増加により、ホームページのレイアウト構造のスタンダード(標準構造)は、CSS(カスケーディング・スタイル・シートの略)/スタイルシート構造によるレイアウトに移行しています。つまり、SEO地策は、まずこれらのスタンダード構造で最適化されたホームページを制作することが第一歩です。

CSS/スタイルシート構造で、検索エンジンの最適化、SEO対策が可能になります。
1) HTMLファイルの軽量・スリム化、アクセシビリティの向上
従来、すべての情報が一つのファイルの集合となっていたHTMLファイルを、「文書構造のみ」とし、「レイアウトやデザイン要素」をCSS/スタイルシートで分離構成することで、HTMLファイル内の不要なタグ情報を排除し、構造のスリム化が可能となりました。
2) ロボット検索エンジンへの最適化、SEO対策
レイアウト要素の情報がなく、スリム化されたHTMLファイルは、Googleに代表されるロボット検索エンジン(クローラー)にとって、とても理解しやすいHTMLファイルになり、短時間に、無駄なく適切なサイト情報で、検索結果へ反映することができます。

CSS/スタイルシートを駆使したホームページ制作は、アクセシビリティの向上、SEO対策、アクセスアップに大きな効果を発揮します。現時点において「CSS/スタイルシート」構造を主体としたホームページ構造は、必要不可欠な要素であることは間違いありません。
  もっと詳しく